上司に退職届を叩きつけてきたぜぇええええ!(丁寧に両手で渡した。)

f:id:yura-neko:20180614000759p:plain

 

前回書いた通り!上司に退職願を叩きつけてきたぜぇえええええ!!

 

 www.yura-neko.com

 

上司に退職願を叩きつけてやったぜ!!

(就業時間後に時間を作ってもらい、事情を説明し、説得され続けたが最後にはしっかりと納得してくれて、無事に退職届を渡すことができたぜぇええええ!)

 

何度もすみません。

前回書いた通りに、退職届を提出してしまいました!

 

次の仕事なんて決まってるわけないんだぜ!!

 

まじでどうするんだぜ!!

 

完全に勢いだけで辞めてしまったんだぜ!!

 

でも後悔は全くしてないぜ!!

 

だって人生80年くらいあるんでしょ?

それならちょっとレールから外れったていいんじゃないか!

 

仕事だけが人生だけじゃないんだぜ!!

 

ヒャッハーーーーーーーーーーーーーー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はぁ・・・(現実)

 

 

 

とまぁ今はまだあんまり実感ないけど

無職になっちまったんだぜ?

 

 

 

以下、上司に相談した時のやりとり

 

 

わい「すみません本日少しお時間いただけませんか?大事なお話があります。」

 

上司「お!めでたい話か?結婚か!?」

 

わい「どちらかというと逆ですね」

 

上司「離婚!?」

 

わい「(うるせぇ!)」

 

上司「なんかあったみたいやな!わかった!また時間できたら声かけるわ!」

 

わい「ありがとうございます。」

 

 

~就業時間後~

 

 

上司「で、どうしたんや?」

 

わい「これを黙って受け取ってください(退職届スッ)」

 

上司「ムムム!これは一体どういうことなんだい!(ジョン・カビラ風)」

 

わい「人生一度きり、この業界でずっと仕事し続けるのもどうかなぁと思って。」

 

上司「なるほど。今辞められると困るというより、すごく寂しいんだけど。」

 

わい「(かわいい)」

 

上司「わい君はおもしろいし、みんなと仲良いし、盛り上げてくれるじゃん?」

 

わい「そう言ってもらえて嬉しいんですが、最近夜あまりぐっすり寝れなくて、体調的にもしんどいのです。」

 

上司「確かに最近わい君顔の色甲子園の土の色みたいだもんね。」

 

わい「そうなんです、このままいくと縄文土器みたいな色になってしまいます。」

 

上司「次の仕事とかは決まってる感じ?」

 

わい「全く何もしてません。いまの仕事でいっぱいいっぱいで・・・」

 

上司「まぁとりあえず、これは預かっておくわ。ところでこの後時間あるか?」

 

わい「ありがとうございます。この後は暇ですね。」

 

上司「飲みにくか!!」

 

わい「はい!行きましょう!」

 

 

〜居酒屋〜

 

 

上司「いやー実際やめられると厳しいなぁ!!人員的に!!(ほろ酔い)」

 

わい「ご迷惑をおかけしてしまうことは申し訳なく思っています・・・」

 

〜1時間後〜

 

上司「でもわい君の人生!好きに生きたらいいんじゃないかなぁあ!!(酔っ払い)」

 

わい「(上司さんかっこいい!)」

 

上司「オレも転職してこの業界きたクチだしな!まぁしゃあないわな!!」

 

 

〜2時間後〜

 

上司「お前最初入ってきた時はマジで心配だったんだぜぇ゛ぇ゛ぇ゛(泣き上戸)」

 

わい「あの時は本当にお世話になりばじだぁ゛ぁ゛ぁ゛(泣き上戸)」

 

〜3時間後〜

 

上司「まぁ頑張れよ。お前の想い、しかと受け取った!!(そろそろ帰らないと嫁が)」

 

わい「ありがとうございます!!(奢りであって欲しい)」

 

 

だいたいこんな感じのやりとりの末、

上司に僕の思いを伝えることができました。

 

これからどうなることやら

というわけで、無事に退職する流れに持っていくことができました!

これからしばらくは引き継ぎのための業務や、次の仕事を探すための準備などしていきます!!

 

 

おわり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です